「ヨーグルト神話」に疑問を感じるのは、臨床現場では、

  スポンサード・リンク

 

ヨーグルトの乳酸菌は、胃に入った時点で殆どが胃酸によって殺されます。

 

私がこうした「ヨーグルト神話」に疑問を感じるのは、臨床現場では、常食している人の腸相が決してよいものではないからです。

 

ですから私は、ヨーグルトに含まれている乳酸菌が腸に届いたとしても、そこで腸内バランスをよくする働きがされることはないと考えています。

ヨーグルト神話は本当か?記事一覧

「ヨーグルト神話」に疑問を感じるこれだけの理由(1)

「カスピ海ヨーグルト」や「アロエヨーグルト」など、各種のヨーグルトが健康効果を謳ってブームになっています。しかし、ヨーグルトを毎日食べると腸によいというのは「ウソ」だと、私は考えています。ヨーグルトを食べ続けている人に話を聞くと、・胃腸の調子がよくなった・便秘が治った・ウェストがスッキリしたというよ...

≫続きを読む

 

「ヨーグルト神話」に疑問を感じるこれだけの理由(2)

何故ヨーグルトに「効果」を感じる人が多いのでしょうか。その理由の一つに「乳糖」を分解するエンザイムの不足が考えられます。乳糖というのは乳製品に含まれる糖分のことですが、これを分解するエンザイム「ラクターゼ」は、年齢を経るごとに減少していきます。でも、これはある意味では当たり前のことです。何故なら「乳...

≫続きを読む