塩が高血圧を誘発するのは「精製塩」、いわゆる「食塩」をとった場合であって、自然海塩を高温で焼いた還元作用のある塩では、精製塩をとった時のような血圧の上昇が起きない

  スポンサード・リンク

 

塩が高血圧を誘発するのは「精製塩」、いわゆる「食塩」をとった場合であって、自然海塩を高温で焼いた還元作用のある塩では、精製塩をとった時のような血圧の上昇が起きないことが、私の臨床データでは明らかになっています。

 

海水から水分だけを蒸発させた自然海塩には、

 

・塩化ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、ヨウ素

 

といった海のミネラルが非常にバランスよく含まれています。

 

 

日本人が深刻な高血圧に悩まされるようになったのは、専売公社が純度の高い精製塩を独占販売したことが深く関わっています。

 

そのため一部では、現在の日本の「高血圧体質」は、専売公社が作ったとさえいわれています。

高血圧体質は専売公社がつくった記事一覧

何故食塩は「体によいはずがない」のか?

残念なことに、日本の野菜は、年々栄養価が減少する傾向にあります。例えば、ホウレン草100g当りのビタミンCの量は、・1,950年には150mg もありましたが、・50年後の2,000年には僅か35mg しかありません。動揺に鉄分の場合は、13mgから2mgへと激減しています。アメリカの野菜は日本のも...

≫続きを読む