薬は毒である。薬は体からの警告システムを働かなくし、病気の根本原因である誤った生活習慣を続けるように仕向けてしまうから。

  スポンサード・リンク

 

「風邪」のような単純な病気をガンのような複雑な病気にさせてしまう最大の原因は、現代医学による介入です。

 

症状を薬で抑え、体内毒素の排泄を人為的に失敗させてしまうからです。

 

アメリカの医科大では「薬は毒である」とまず教えるそうです。

 

薬は表面に見える症状をなくしたり軽減したりするのに役立つことはあるけれども、『症状がないこと = 健康』ではありません。

 

いくら薬を与えられても、病気の根本原因は取り除かれることはなく、薬をいう体にとっては異物の侵入がもたらす弊害は、体の組織を徐々に傷つけていくことを促進させるばかりです。

 

健康のときに使わないもの(薬など)を、病気のときに使うのは、賢明な選択ではないのです。

薬は毒!記事一覧

薬の副作用はもとの病気より怖い

薬の発明はこの世の最大の悲劇です。薬は・自然の警告システムを働かなくし・危険な行為(病気の根本原因である誤った生活習慣)を続けるように仕向けてしまうものです。人々が完全に健康になり、病気が減っていくのであれば話は別ですが、医学がいくら発達し、様々な薬が開発されても、病人は増え、医療費は天文学的にかさ...

≫続きを読む

 

胃薬を飲めば飲むほど胃は悪くなる(1)

食べ過ぎなどで胸焼けがしたりするとすぐ胃薬を飲むことはありませんか?テレビなどのコマーシャルで割りと見かける胃薬ですが、制酸剤を含む胃薬は避けた方が賢明なようです。胃薬の弊害を私たちは滅多に聞くことがありませんが、・食物に含まれるばい菌の殺菌機能の低下による下痢や病気のリスク・鉄やカルシウム、マグネ...

≫続きを読む

 

胃薬を飲めば飲むほど胃は悪くなる(2)

では、どうしたらよいのでしょう。答えは簡単です。胃薬をのみたくなるような胸焼けや膨満感が起きないようにすればいいのです。何故胸焼けや膨満感が起きるのかを知っていれば、それはちょっとした心がけで防ぐことが出来ます。胸焼けは、食道に胃酸が逆流してくることで生じます。元々食道というところはアルカリ性になっ...

≫続きを読む

 

薬には治す力はない!唯一治すのはあなたの中の自然治癒力だけ

■薬は毒!日本人は大の薬好きのようです。ちょっと風邪気味だ、やれ頭痛がする、胃が痛いなどというとすぐ家庭の常備薬を飲んで不快感をしのぐというのが普通です。アメリカの医科大では「薬は毒である」とまず教えるそうです。薬は表面に見える症状をなくしたり軽減したりするのに役立つことはあるけれども、『症状がない...

≫続きを読む