マーガリンのトランス脂肪酸は、自然界には存在しなく悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らすほか、ガン、高血圧、心臓疾患など様々な健康被害をもたらす

  スポンサード・リンク

 

マーガリンは毒!

最も酸化が進みやすい食物の代表が「油(脂)」です。

 

油というのは、自然界では様々な植物の種子に多く含まれています。

 

お米も「種」なので玄米の中には沢山の植物油が含まれています。

 

私たちが通常「油」といっているのは、そうした植物の種から搾ったものなのです。

 

キャノーラ油(菜種油)、オリーブオイル、グレープシードオイル、様々な食用油がありますが、すべて人工的に油分だけを取り出したものです。

 

 

昔は「圧搾法」といって機械などで圧力をかけて脂を搾り出すという原始的な方法が一般的でした。

 

しかし今では、圧搾法を用いているところはごく僅かです。

 

何故なら、時間と労力がかかる上、ロスも多く、また抽出段階で熱を加えないため、他の方法でとったものより早く変質してしまうからです。

 

現在一般的に市販されているオイルの多くは、「溶剤抽出法」といって、原材料にヘキサンという化学溶剤を入れドロドロにしたものを加熱し、油を溶け出させた上で、さらに高圧、高熱下で溶剤だけを蒸発させるというやり方で作られています。

 

この方法だとロスが少なく、加熱してあるので変質もしにくいのですが、この方法で抽出された油は「トランス脂肪酸」という体にとって非常に悪い成分に変わってしまうのです。

 

つまり、腐敗(酸敗)しない代わりに、体に害を与える成分が含まれているということです。

 

 

トランス脂肪酸は、自然界には存在しないもので、悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らすほか、

 

・ガン、高血圧、心臓疾患

 

の原因になるなど、様々な健康被害をもたらすことが報告されています。

 

そのため欧米諸国では、食物に含まれるトランス脂肪酸の量に上限を定め、それを超えるものは販売が禁止されています。

 

しかし、残念ながら日本では、このような基準はまだ定められていないのです。

 

 

そして、このトランス脂肪酸をもっとも多く含んでいるのが、「マーガリン」なのです。

 

動物性脂肪のバターよりも植物性の油で作られたマーガリンの方がコレステロールもないし、体によいと信じて使っている人は多いと思いますが、これは大きな間違いです。

 

実はマーガリンほど体に悪い油はないのです。

 

患者さんに食事法の指導をするときにも、

 

「もしマーガリンがあったら、すぐに捨てなさい」

 

といっているほどです

 

 

元々食物油というのは常温下では液体になっています。

 

これは植物油に麩飽和脂肪酸多く含まれているからです。

 

同じ油でも動物性脂肪が固体であるのは、飽和脂肪酸を多く含んでいるからです。

 

ところがマーガリンは植物油であるにも関わらず固まっています。

 

何故マーガリンが常温下でも固まっているのかというと、水素を添加し、不飽和脂肪酸を飽和脂肪酸に人工的に変化させているからなのです。

 

マーガリンの原材料である植物油は、元々溶剤抽出法で抽出されたトランス脂肪酸を含んだ油です。

 

それに水素を加え、わざわざ不飽和脂肪酸を飽和脂肪酸に変化させているのですから、これ以上悪い油はないといっていいでしょう。

 

 

マーガリンと同じくらい多くのトランス脂肪酸を含む油に「ショートニング」があります。

 

家庭でショートニングを料理に使うことは殆どないと思いますが、市販のクッキーやスナック類、ファーストフードのフライドポテトなどには沢山のショートニングが使われています。

 

スナック菓子やファーストフードが体によくないとされている理由の中には、こうしたトランス脂肪酸の問題もあるのです。

 

【出典】「病気にならない生き方」新谷 弘美著

 

スポンサード・リンク