日光や風雨、害虫といった外的刺激を遮るビニールハウスで育った植物は、充分に刺激を受けた露地栽培の植物よりファイトケミカルの量が少なくなってしまう…

  スポンサード・リンク

 

ハウス栽培で作られた農作物のデメリットは、露地栽培のものと比べ、「ファイトケミカル」が少ないということです。

 

ファイトケミカルというのは、植物に含まれる色素や香りなど、これまでの栄養学では「栄養素」と認められていなかった機能性成分のことです。

 

近年の研究により、ファイトケミカルに高い抗酸化作用があることが解ると、一躍、免疫力を高め、様々な病気の予防に役立つ「抗酸化栄養素」として注目を集めるようになったものです。

ビニールハウス野菜の生命力は?記事一覧

「ビニールハウス製野菜」にかけている大事な部分(1)

私はもう四十年以上アメリカで生活していますが、まだ一度もアメリカでビニールハウスを見たことがありません。調べてみると、花を育てるためのガラス張りの「温室」は古くからありましたが、農作物を育てるための「ビニールハウス」は日本の発明品なのです。日本のハウス栽培は最初、ビニールではなく障子紙が使われていた...

≫続きを読む

 

「ビニールハウス製野菜」にかけている大事な部分(2)

●ファイトケミカルの健康効果1. 活性酸素の除去2. 傷ついた細胞(遺伝子)の修復3. ガン細胞の増殖防止(ガン予防)4. 感染症に対する抵抗力の強化5. 免疫力を高める6. 記憶力、集中力の強化、アルツハイマーの予防7. 老化防止こうした素晴らしい働きをもつファイトケミカルの殆どは、植物性食品に含...

≫続きを読む