「工場」で作られたものに「命」は宿っていないから、工場由来のものを食べる必要はありません

  スポンサード・リンク

 

工場を由来とするものというのは、人間が科学的に作り出した食品つまり

 

・化学調味料や様々な食品添加物
・精製塩や精製された砂糖
・人口甘味料  など

 

そしてそれらのものが含まれている加工食品も含みます。

 

工場由来のものを食べる必要はありません。

 

「工場」で作られたものに「命」は宿っていないからです。

 

工場由来の食品は、食べられるものであっても、命を養うことは出来ないのです。

工場由来の食品では元気になれない!記事一覧

工場由来の食品に命は宿ってない

私たちが口にする食べ物は、その由来から三種類に分類することが出来ます。まず一つは、「大地を由来とするもの」二つ目は、 「動物を由来とするもの」三つ目が  「工場を由来とするもの」です。大地を由来とするものは、・野菜、穀物、果物、海藻、キノコ類など、大地で育つものです。キノコのような菌類も含みますが、...

≫続きを読む

 

見た目が美しい野菜は「工場由来の食品」と考えよ(1)

全体食をする場合、特に気をつけて欲しいことがあります。それは、「フレッシュ」なものを選ぶことは勿論ですが、その中でも「農薬を使ってない食品を選ぶ」ということです。料理をする人には覚えがあると思いますが、最近の野菜の中には、古くなると溶けていくものがあります。昔はしなびたり腐ってぶよぶよになることはあ...

≫続きを読む

 

見た目が美しい野菜は「工場由来の食品」と考えよ(2)

生命力を持った作物を育てられるのは、生命力を持った大地だけです。しかし、農薬の散布は、大地の生命力である土壌細菌を殺してしまうのです。土壌細菌の死んだ土は、養分のない痩せた土地になってしまいます。そこで登場するのが「化学肥料」です。化学肥料の代表は、「肥料の三要素」とも言われる「窒素、リン酸、カリウ...

≫続きを読む