食生活に関する常識があなたを病気へと誘う。牛乳信仰、肉食のとり過ぎ、マーガリン、砂糖のとり過ぎ、薬の弊害などマスコミが決してとり上げない様々な弊害について

  スポンサード・リンク

 

常識を信じていると危ない記事一覧

肉のとり過ぎと生活習慣病

動物性脂肪をとり過ぎると、コレステロールの蓄積によって動脈硬化性疾患を引き起こし、・心疾患や高血圧症・糖尿病・脳血管障害などの生活習慣病にかかることが、既に指摘されています。ガンの発生は、もちろん脂肪のとり過ぎも関係していますが、動物性タンパク質も、また、大きな要因となっています。タンパク質が体内に...

≫続きを読む

 

牛乳は子牛の飲物

私たちが小さい頃から、重要なカルシウム源だと信じ込まされてきた牛乳...、実は、牛乳は子牛を育てるためのもので、人間には全然向いていません。牛乳は百害あって一利なしの飲み物なのです。・牛乳の含まれるタンパク質の約80%を占めるカゼインは、胃に入るとすぐ固まってしまい、消化がとても悪く、しかも発ガン性...

≫続きを読む

 

薬は毒!

「風邪」のような単純な病気をガンのような複雑な病気にさせてしまう最大の原因は、現代医学による介入です。症状を薬で抑え、体内毒素の排泄を人為的に失敗させてしまうからです。アメリカの医科大では「薬は毒である」とまず教えるそうです。薬は表面に見える症状をなくしたり軽減したりするのに役立つことはあるけれども...

≫続きを読む

 

マーガリンほど悪い油はない

最も酸化が進みやすい食物の代表が「油(脂)」です。油というのは、自然界では様々な植物の種子に多く含まれています。お米も「種」なので玄米の中には沢山の植物油が含まれています。私たちが通常「油」といっているのは、そうした植物の種から搾ったものなのです。キャノーラ油(菜種油)、オリーブオイル、グレープシー...

≫続きを読む

 

高血圧体質は専売公社がつくった

塩が高血圧を誘発するのは「精製塩」、いわゆる「食塩」をとった場合であって、自然海塩を高温で焼いた還元作用のある塩では、精製塩をとった時のような血圧の上昇が起きないことが、私の臨床データでは明らかになっています。海水から水分だけを蒸発させた自然海塩には、・塩化ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、ヨウ...

≫続きを読む

 

現代西洋医療の限界

実のところ、アメリカの最新の統計によると、医師の治療に起因する死亡者数は、・少なく見積もっても年間783,936人にのぼり、・心臓病死 699,697人(2,001年)・ガン死  553,251人(2,001年)を抜いて死因第一位に浮上していると言われています。1,973年、イスラエルに医者のストが...

≫続きを読む

 

工場由来の食品では元気になれない!

工場を由来とするものというのは、人間が科学的に作り出した食品つまり・化学調味料や様々な食品添加物・精製塩や精製された砂糖・人口甘味料  などそしてそれらのものが含まれている加工食品も含みます。工場由来のものを食べる必要はありません。「工場」で作られたものに「命」は宿っていないからです。工場由来の食品...

≫続きを読む

 

ヨーグルト神話は本当か?

ヨーグルトの乳酸菌は、胃に入った時点で殆どが胃酸によって殺されます。私がこうした「ヨーグルト神話」に疑問を感じるのは、臨床現場では、常食している人の腸相が決してよいものではないからです。ですから私は、ヨーグルトに含まれている乳酸菌が腸に届いたとしても、そこで腸内バランスをよくする働きがされることはな...

≫続きを読む

 

ビニールハウス野菜の生命力は?

ハウス栽培で作られた農作物のデメリットは、露地栽培のものと比べ、「ファイトケミカル」が少ないということです。ファイトケミカルというのは、植物に含まれる色素や香りなど、これまでの栄養学では「栄養素」と認められていなかった機能性成分のことです。近年の研究により、ファイトケミカルに高い抗酸化作用があること...

≫続きを読む

 

砂糖は現代の麻薬!

砂糖は精製工程で微量栄養素がとられた酸性食品であり血液などの体液を酸性サイドに傾け、とり過ぎはカルシウム不足による骨粗鬆症やイライラ感、あらゆる病気へと誘います。砂糖のとり過ぎで起こる可能性のある疾患を列記すると、・糖尿病  ・低血糖症・ひどい便秘 高カリウム血症は腸の蠕動をなくし、ひどい便秘をまね...

≫続きを読む