胃相・腸相にはその人の健康状態が現れ、腸相の悪化、腸内環境の悪化は全身の悪化につながる

  スポンサード・リンク

 

腸の汚れが万病の元であり、医療関係者の間でも、

 

「人間の健康にはきれいな腸、腸の浄化と活性化が大切だ」

 

という考え方が特に強くなってきているとのことです。

 

・痔、大腸ポリープ、大腸ガン、乳ガン、前立腺ガン
・心臓血管障害、肝臓・胆嚢疾患、潰瘍性大腸炎
・クーロン病、前立腺肥大、関節炎、リウマチ
・アトピー性皮膚炎、アレルギー疾患
・子宮筋腫、乳腺症、膠原病、高血圧
・脳梗塞、糖尿病

 

などの病気の人たちは、大腸の機能の衰え、機能不全などと強い関係があると考えられています。

腸の便秘が万病の元記事一覧

便秘が原因でガンができることもある

よく欧米人の腸は、日本人の腸に比べて短いと言われます。そしてこうした違いは先天的なものであるかのような言われ方をします。でも、それは間違いです。私は後に、食事を改善した患者さんたちの腸から、アメリカ人の腸も本来は日本人と同じように、長く柔らかいものであることを学びました。彼らの腸が固く短くなっていた...

≫続きを読む

 

不完全な消化物(残渣)が腐ってガスを発生

「コーヒー・エネマの効用について」新谷 弘美著に何故便秘が怖いのか、腸をきれいにすることの大切さについて簡明にまとめらていたので、ご紹介したいと思います。たかが便秘などと考えて便秘を侮れないのです。腸の汚れが万病の元であり、医療関係者の間でも、「人間の健康にはきれいな腸、腸の浄化と活性化が大切だ」と...

≫続きを読む

 

健康にはきれいな腸、腸の浄化と活性化が大切

通常、大腸内のガス量は健康な人で50~200cc位と思われます。体外に放出されるガスの量は、食事の種類、便排泄の頻度、腸内衛生管理(コーヒー・エネマの励行の有無)でも個人差がありますが、腸相の良し悪しや健康状態を見るバロメーターとなると言えます。多数の高名な医学者が、便秘や停滞便(宿便)即ち大腸の内...

≫続きを読む