よい水とは還元力が高い水である。水道水は塩素殺菌により酸化力が非常に高い

  スポンサード・リンク

 

■水の大切な働き

 

水は人間の体の中で様々な働きを担っています。

 

その中でも最も大きな働きは、血液の流れをよくし、新陳代謝を促進するということです。

 

老廃物や毒素を排出し、腸内細菌やエンザイムの活性化を促します。

 

ダイオキシンや様々な環境汚染物質、食品添加物や発ガン物質なども、よい水はちゃんと体外に排出してくれます。

 

そのため、水をあまり飲まない人は、病気にかかりやすくなります。

 

人間の細胞も、水分が行き渡らないと栄養不足になるうえ、細胞の中に溜まった老廃物や毒素も排出できなくなるので様々なトラブルを生じます。

 

そして最悪の場合は、溜まった毒素が細胞の遺伝子を損傷しガン細胞になってしまうのです。

よい水とは?記事一覧

還元力の強い水こそ「よい水」の条件

「よい水」とはどのようなものなのでしょう。よい水といって「水道水」を思い浮かべる人はさすがにいないと思います。水道水には消毒に使われる塩素のほか、発ガン物質である・トリハロメタンやトリクロロエチレン、ダイオキシンなども含まれていることが広く知られています。これら水道水に含まれる物質については、すべて...

≫続きを読む

 

水はミラクル・エンザイムのよきパートナー(1)

水は人間の体の中で様々な働きを担っています。その中でも最も大きな働きは、血液の流れをよくし、新陳代謝を促進するということです。老廃物や毒素を排出し、腸内細菌やエンザイムの活性化を促します。ダイオキシンや様々な環境汚染物質、食品添加物や発ガン物質なども、よい水はちゃんと体外に排出してくれます。そのため...

≫続きを読む

 

水はミラクル・エンザイムのよきパートナー(2)

胃腸の流れをよくするとか、血液やリンパ液の流れをよくするというのは、体における水のマクロな働きです。六十兆個ある細胞の一つ一つに入り、栄養を与え、代わりに老廃物を受け取って処理するというのはミクロな働きです。そのミクロの世界で行なわれているエネルギーの生産やその過程で発生したフリーラジカルの解毒など...

≫続きを読む