ナチュラル・ハイジーン(生命法則に基づいた食習慣、ライフスタイル)で健康革命、超健康

  スポンサード・リンク

 

■病気と健康に関する「7つの真理」

1. 健康な状態こそが人間の正常な状態である

 

2. 健康は健康的な生活から生まれる

 

●健康な体づくりのための7つの条件

 

(1) 新鮮な空気を吸うこと
(2) 純粋な水を飲むこと
(3) 体の生理機能・構造上最も相応しい食べ物をとること
(4) 毎日適度な運動をすること
(5) 十分な休養と睡眠をとること
(6) 日光を豊富にとり入れること
(7) 心の平静を保ち、ストレスを溜め込まない様に自己管理すること

 

3. 病気のときも健康なときも、体は同じものを求めている

 

健康なときに必要としていないものは、病気のときにも必要ではありません。

 

健康のときに使わないもの(薬など)を、病気のときに使うのは、賢明な選択ではないのです…

 

4. 病気とは、体が行う体内の大掃除である

 

病気は一つしかない。

 

病気とは、体が恒常性を保つために、体が行なう体の大掃除(有害物質の緊急排泄)なのです。

 

有害物質の排泄場所、排泄のされ方によって、色々な病気が現れるように見えるのです…

 

5. 症状を抑えてしまう行為は、体の自然治癒機能を妨げるだけである

 

薬で病気は治らない。

 

体に痛みや不愉快感を感じると、薬を飲んで症状を抑えてしまいます。

 

そして、症状がなくなると、

 

「病気は治った、あの薬が効いたからだ」

 

と思い込んでいます。

 

このような考え方をするのはむしろ危険なことと言えます…

 

6. 体の各部は、すべて連動して機能している

 

心臓が傷つくと、全身が被害を被ることになります。

 

栄養と酸素を運ぶ血液が全身の細胞に確実に届けられなくなってしまうからです。

 

肝臓が傷つくと、全身が病気になります。

 

有害物質の解毒が出来なくなってしまうからです…

 

7. 原因と結果を知れば、病気は必ず克服できる

 

毒素は通常、次の方法で体内に溜まっていきます。

 

一つは、体が行なう自然の新陳代謝によって、使い古された細胞のカスなどの老廃物が蓄積されていきます。

 

もう一つは、体外からもたらされる物質によってで、

 

・体に相応しくない食べ物(過剰な動物性食品、特に揚げ物や焼き物)の代謝副産物
・刺激物(アルコールやタバコ、カフェイン、香辛料など)
・食品添加物、農薬、その他の環境汚染物質

 

など、体が栄養として利用できないものが、毒素となって蓄積されていきます…

 
 

■一押しリンク